リソース監視

ご利用のサーバー稼働に直接影響するリソースの使用状況を随時監視します。リソース状況に異常が発生した場合は、メールでお知らせします。 リソースを随時監視することで、運用開始後に監視によるリソース遷移のデータを元に、システムの増強を適切に行うことができます。

監視対象のリソース CPU、メモリ、ディスク使用率


CE01(有料オプション)での追加お申し込み方法

  1. マイページ
  2. ご契約一覧
  3. 該当契約
    詳細
  4. オプション
    お申し込み
  5. 運用監視
  6. リソース監視

ご注意

  • Windows OS ではご利用いただけません。
  • 異常を検知し管理者様にメールで通達した後は監視対象外となっております。監視再開は emergency@cpi.ad.jp までご依頼ください。
  • CE02〜CE06 プランをご利用のお客様はリソース監視が標準となっております。
    下記プロセス名のプログラムはサーバーの監視に使用しておりますので、強制終了等は行なわないようご注意ください。
    hobbitlaunch
    hobbit_vmstat
    など所有者が hobbit で動作しているプロセス全般
  • 下記のユーザーでリソース監視を行なっておりますので、削除なさらないようご注意ください。
    hobbit:x:2999:2999::/usr/local/hobbit:/bin/bash
  • CE-01をご利用で本サービスを追加でお申し込みされる場合は、クライアントソフトをインストールしていただく必要があります。
  • リソース監視を起動する下記のコマンドを実行してください。
    # chkconfig --level 3 hobbit-client on
    # service hobbit-client start